豊胸とバストアップ施術の違い。姶良市サロンからの呟き

2020/07/02 ブログ
バスト

こんにちは。

鹿児島県の姶良市加治木町にある小顔専門サロンvieleオーナー


国際美容整体師の山口です^^



バストのプロ大脇先生なのですが


僕目線で今日は記事を書いていきます。





豊胸とバストアップ施術の違いについてですが
さくっと言うと



ダウンタイムが無い



 

これってかなり嬉しいことなんです。



ダウンタイムとは手術後に生じる腫れや内出血や痛みが続く期間のことです

 




 

バスト

実はこの期間が続く方も多く、悩まれる方も多いんだとか。


そして、ヒアルロン酸が体内に吸収されてしまうというデメリットが挙げられます。
おおよそ1年半〜2年程度は持続すると言われていますが

吸収されるとまた高額な費用が必要となってきます。


それに比べてバストアップ施術は
身体の脂肪をバストに流し、定着させることで
少しづつバストのカップ数をあげることが可能
です^^


そして、身体への負担も少ないし、ダウンタイムも無い。
シリコンバックを入れていないので破裂する危険も無い。


そして、豊胸手術に比べて安いと言うのが挙げられます。


一方、
デメリットは誰でも同じ効果が期待できない。
一気に効果を出すことが難しい。


と言うことです。



その方その方にあったバストアップをオススメ致しますが
一度施術を受けられてクリニックの豊胸手術や
vieleのバストアップ施術を
決められても良いのでは無いかと思います^^


ご自身の大切な身体ですからね。


カウンセリングもこちらからどうぞ^^



あなたの人生のサポートをできることを幸せに思います。