オシリのヒップアップ姶良イオン近くのセルフエステでしませんか?

2020/08/29 ブログ

こんにちは😊

 

セルフエステ担当の 吉元 です。

 

 

最近、足回りのダイエット、トレーニング方法を

 

お伝えしてきましたので

 

 

今回は、ふとももと同じくらい気になる

 

「オシリ」

 

ヒップアップについてお話ししていきます。

 

 

お尻が垂れてしまう原因、、、

 

 

 

 

「運動不足の人」

 

・単純に運動不足なのでおしりの筋肉の低下です。

 

 

 

 

「座り仕事の人」

 

・デスクワークなど1日中座り仕事の方もお尻が

 

垂れやすいです。

 

特に背もたれに寄りかかって座ることが多い人は

 

太ももの裏の筋肉が縮んでしまいます。

 

太ももの筋肉が伸縮性を失って縮んだままになると、

 

立った姿勢のときも太もものほうにお尻を引っ張ってしまう

 

ようになり、お尻が垂れるようになるのです。

 

 

 

「猫背の人」

 

・猫背の姿勢だと、骨盤が後ろに傾いた状態になるので、

 

その姿勢が続くと、お尻がだんだんと下に垂れるように

 

なります。

 

猫背と反対である反り腰の人も腰に負担をかけて

 

しまいますから、腹筋やお尻の筋肉を衰えさせて

 

しまいます。

 

垂れ尻を防ぐためには、背筋を伸ばした正しい姿勢を

 

キープすることが大切です。

 

 

 

 

原因がわかったのでここからヒップアップの為の

 

トレーニング方法をお伝えします。

1つ目は、お手軽寝る前にも出来る

 

 

「ヒップリフト」

 

 

STEP1

仰向けになり、ひざを曲げます。

足の位置はおしりを上げた時にすねが床にたいして

垂直にたつ位置に足を置きます。

 

 

 

STEP2

足裏ぜんたいで、床を押すようなイメージで

お尻を持ち上げ、TOPの位置で、お尻の穴を絞める。

 

 

 

STEP3

動作速度は1秒で上げて2秒でさげる程度で、

10から20回3セットを目安に。

 

 

※腰で上げるのではなくお尻で持ち上げる

のを意識することでさらに効率的です。

2つ目も寝転がって出来るトレーニング、

 

 

「レッグアダクション」

 

 

STEP1

画像のように、横向きになります。

 

 

 

STEP2

天井側の腕で上半身を固定し、

脚を真上に上げて上下する。

※この時、あしを45度から60度くらいあげる。

 

 

 

STEP3

お尻の横側を意識して、動作はゆっくり3秒かけて上げ、

3秒かけて下すくらい正確な動作を心がけて

10回~15回を3セット程行う。

※楽にできるようになった場合は、

足首にチューブを巻いたりして負荷を増加させます。

 

 

 

ポイント

体斜めに向きやすいので、

腕をしっかり固定して、

身体が床に対して横向きになるように維持をすること!

この2つのトレーニングは膝が悪い方、

 

 

腰が痛くなる方でも気軽に可能なので

 

 

是非取り組んでみてください。

 

 

おしりの筋肉は大きな筋肉なので、

 

効果が分かりにくいかもしれませんが、

 

諦めずに頑張りましょう😊

 

 

さらに効果を早く出したい方は、

 

 

 

セルフエステにお越しください。

 

 

 

 

詳しくはこちらのライン@をご登録くださいませ!

 

 

もしくはラインの検索窓から 

 

小顔専門サロンviele と検索くださいませ( ^ω^ )

 

 

ちなみに。

 

期間限定で、セルフエステの

 

お得な体験コースも行っております

 

 

今月も残り1名なのでお急ぎくださいませ。

 

 

ご予約は一度こちらのライン@をご登録くださいませ。

 

 

 

あなたにお会いできることを楽しみにしております☺️